簡単にできる足のむくみ対策と解消法!これで美脚を手に入れる!

シェアする

足

夕方になると、足がだる~く重たくなり、靴下がくいこんでくるのは私だけではないと思うのですが…

ちょっと押したら、なかなか戻らないし、

家に帰るとふくらはぎがパンパンで、靴下のゴムのあとがクッキリ!

うわっ! 足首のくびれがない…

“むくみ”って嫌ですよねー。

むくみは、血液とリンパの流れが悪くなる事が原因のひとつとされています。

心臓から流れていった血液やリンパ液は、重力があり、下へたまりやすくなります。

大変なのは、心臓から離れ、遠く足元にいった血液やリンパ液を、上に戻さなければいけません。

そこで大活躍するのが第二の心臓とも呼ばれる”ふくらはぎ”です。

ふくらはぎの筋肉運動が、ポンプのような働きをし、足まで行った血液リンパ液を戻してくれているのです。

運動不足や、立ちっぱなし、座りっぱなしなど、

長時間同じ姿勢で、筋肉を動かさなかったり、

ヒールの高い靴を履き、つま先に体重がかかったままの状態が続いたり、

激しいスポーツや、長時間歩いたなど…

ふくらはぎの筋肉が疲労することでも、固くなり、伸縮力も低下し、動きが悪くなってしまうのです。

さらに固い状態のままにしておくと、ふくらはぎの筋肉がポンプとして十分に働けなくなり、血液の循環が悪くなり、代謝が落ち、むくみの原因になってしまうのです。

それ以外にも、よく足を組む、冷え、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、食生活の乱れ、圧迫し過ぎる下着なども、血液やリンパの流れに影響しています。

血液やリンパの流れが悪くなると、

心臓に戻そうと心臓も頑張り、毒素もたまり、腎臓や肝臓、細胞にまで影響してしまいます。

むくまないために…

足先やふくらはぎを動かすように、意識しましょう。

かかとを上げたり下ろしたり、足首を回したり、そのぐらいはお仕事中でもできますよね。

足首を動かすと、ふくらはぎって動くのです。
効果的な、ふくらはぎストレッチ

アキレス腱を伸ばすときの姿勢をとり、本などを何冊か重ねて、後ろ足のつま先の下に置きます。かかとは床から離さないようにして、前足のひざをゆっくり曲げると、ふくらはぎがピーンと伸びます。このとき、お尻が出ないように気を付けてください。本が厚ければ厚いほど、ストレッチ効果は増しますよ。そのまま10秒キープを1セット!左右4~5回行います。

継続していると、静脈瘤(血管が浮き出てしまう状態)の予防にもなります。

シャワーだけでなく、湯船につかりましょう~

湯船に入ることで、体全体を温め、筋肉がほぐれやすくなり、血行もよくなります。

また、副交感神経を高めてくれるので、一日の疲れもとれ、リラックスできるのです。

アロマオイルでリンパマッサージ

リンパ節は、体の中でいらなくなった老廃物をろ過し、分解する、体のごみ処理場のような大切なところです。このリンパ節に老廃物やむくみ成分を流し込むことで、むくみもスッキリ!

おすすめのブレンド→キャリアオイル10ミリに、ジュニパー2滴・サイプレス2滴

アロマオイルを足全体になじませ、

足の裏→足の甲→足首→ふくらはぎへと少し圧力をかけながら両手ですべらせ、老廃物をひざの裏のリンパ節(膝窩リンパ節)に流し込みます。

次に、ひざから太ももへ、少し圧力をかけながら足の付け根(鼠径リンパ節)へ流します。

毎日のセルフケアも大切ですが、たまにはプロの手もかりると、ココロもカラダもデトックスできますよ!

今日のお客様で、むくみとセルライトがお悩みで来店された方がいらっしゃるのですが、

「来た時と帰りでは、靴がゆるくなっちゃった。足も軽いけどなんだか全身がスッキリ!」と、喜んで帰られました。

今日もたくさんの笑顔に出会えた素敵な一日でした。
ありがとう!

Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。

コメントの入力は終了しました。