思春期の子どもと向き合う。親だって完璧じゃない!

シェアする

思春期

思春期と言われる11歳~18歳ぐらいまで、

ココロもカラダも大人へと変化していく中で、

実はたくさんのストレスをかかえているようです。

私の下の娘は15歳。

まさにこの思春期まっただなか

自由奔放、毎日楽しそうに生活していますが、

環境の変化や、お友達との関係、勉強や部活の悩み、ニキビなどの肌トラブル、生理痛や生理不順、好きな人への悩みなど…

日によって気分にムラがあったり、

ちょっとした言葉に敏感に反応したり、

本当にむずかしい年頃です。

親として、きちんと言うべき時は言わないといけないし、

本人が悩み苦しみ、解決しようと頑張っているときは、そっと見守るべき時もあるし…

理解できないあの態度に、親もイライラ。もう大変!!

そんな時私は、メディカルアロマオイルに助けてもらっています。

香りは一瞬で心身をシフトしてくれます。

香りの刺激が脳へ伝わるまでの時間は、0.2秒以下と言われています。

例えば、歯の痛みが伝わるまでには、0.9秒以上と言われているので、どれだけ速いかが分かります。

香りを嗅ぐと、本能的感情や欲望を司る大脳辺縁系を刺激し、

さらに、血管や内臓の働きを調整する自律神経系、

また、ホルモンの分泌を調整する内分泌系、

ウイルスや細菌から体を守る免疫系の3つをコントロールしている視床下部の働きを活性化することで、

ココロとカラダ両方のバランスをとることができるのです。

呼吸によって取り込まれ精油の成分は、肺の粘膜から血中に取り込まれ、全身に運ばれて薬理作用を発揮します。

免疫力を高めたり、血液やリンパの流れを促進したり、呼吸を楽にしたり、鎮痛・消炎作用、また、腎臓や肝臓・胃など体の器官の働きを良くしたりなど、たくさんの効果があります。

娘がイライラしている時や、精神的に疲れているような時には、ラベンダーやカモミールをそっと部屋にたいたりしています。

ストレスがかかった日には、歯ぎしりをするなど、力が入っているようです。

最近は、寝る間際までスマホをいじっているので、眠りも浅いようです。

(これには呆れてしまいますが…)

テスト期間中、勉強している時には、寝ていないかどうかのぞくと

「なにっ!!」とにらまれるので

「なにっ!!てーーー!!頑張ってるかな?と思ってちょっと覗いてみただけでしょ!!」

って、邪魔するつもりではなかったのですが・・・

ローズマリーやペパーミントをたいて集中力アップ!

そんなことで応援しています。

たくだけではなく、たまにはマッサージもしてあげます。

精油の成分は、皮膚からも皮下組織の毛細血管から全身へと運ばれます。

もちろん、皮脂腺や汗腺からも吸収されます。

(精油を皮膚に直接使用する時は、必ずキャリアオイルでうすめ、濃度にも気をつけてください)

マッサージはやさしく手で触れることで、筋肉や神経の緊張を和らげ、ホッと安心感を与えます。

精油を使ったマッサージは、両方の効果が掛け算となって発揮されるのです。

心身ともに疲れている時には、マージョラムやラベンダーなどで、背中全体をやさしく撫でさすります。

それだけでも、十分なのです。

また、ニキビも気になるお年頃。

娘に「どうにかなんないの❓このニキビ!!!」

と、投げ捨てるように言われ、

ラベンダーやティートリーをブレンドし、洗面所に置いておきました。

こっそりのぞいてみるとお風呂上がりにつけているようです。

小さい頃からオイルを使っているせいか、自分でもだんだん使いこなしているようで、

風邪気味の時には、ユーカリやペパーミントを部屋にたいたり、

部活後の筋肉疲労にもオイルを使い、セルフケアをしているようです。

親として、娘にしてあげているだけのように思いますが、

実は、同じ空間で一緒に嗅いでいる香りで、気分が穏やかになったり、

マッサージで触れることで、ホッとしたり、嬉しかったりするのです。

そうは分かっていても、自分が疲れているときは、自分優先!

気持ちはあっても、マッサージなどしてあげる余裕がない時も、たくさんあります。

親だって完璧じゃないのです…

子供の成長楽しみですよね。

子供達からは、たくさんの幸せをもらっています。

笑顔で見守っていられるぐらい、自分も成長したいと思う毎日です。
Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。

コメントの入力は終了しました。