心と身体の健康を支えてくれる、我が家の専属セラピードック

シェアする

犬と子
我が家の愛犬「夢来」

11歳のおばあちゃんです!

お父さんは「チワワ」

お母さんは「アメリカンコッカースパニエル」

とってもかわいいミックス犬です。

ムクを飼うきっかけになったのは、

上の娘の、大の仲良しのお友達の家で、

産まれたばかりの子犬を飼い始め、

それを見ちゃったら家族全員

「飼っちゃう?!」

っていうことになったのです。

当時上の娘が、小学生で鍵っ子だったこともあり、

寂しくないように、遊び相手になってくれればいいなぁーと

思いきって飼うことに決めたのです。

そのころ、ミックス犬がはやり、

新聞でブリーダーさんを見つけ、

茨城から千葉県まで探しに行ったのです。

何匹か見せてもらったのですが、

その中で、すみっこで独りぼっち、

えさも、みんなが食べ終わったころ近づき、

結局食べられなかったムクに、

家族みんながひとめぼれ!

その時もう生後6ヶ月になっていたので、

赤ちゃん犬を想像していた娘たちには

ちょっとお姉さん犬でしたが…

その日のうちに、車に乗せ、

最低必要な、えさとトイレ、ハウスを買い、

連れて帰ってきました。

その日から、ムク中心の生活が始まり、

しつけなど、悪戦苦闘の毎日。

まずは、決まった所におしっこ。

次に、「おて」と「おかわり」

「おすわり」に「ふせ」「待て」…

何か一つ出来るようになるたび、

みんなで大喜び!

ん?何かに似てる!

あっ!子育てだぁ…

この娘達のときにも

寝返りしては喜び、

ハイハイしたら大喜び。

一歩あるいた時には大騒ぎだったなーと…

”アニマルセラピー”という言葉を聞いたことがあると思いますが…

動物の存在が人間の心身の健康に良い影響を与える

”動物介在療法”のことです。

犬や猫、ウサギなど動物と一緒にいると

何となく穏やかな気持ちになり、

癒されますよね。

これは…

副交感神経が刺激され、

幸せホルモンといわれる「オキシトシン」

分泌されているからなのです。

オキシトシンは、スキンシップのときや、

お腹いっぱいの時などにも分泌され、

心に安らぎを与え、

幸せな気分にしてくれます。

それだけではなく、

学習意欲や記憶力の向上、

心臓の機能を上げる、

免疫力アップなど

心と体に大きな影響があります。

また「コルチゾール」というストレスホルモンの

過剰分泌を抑制する働きがあるため、

ストレス緩和にもつながっているのです。

気がつけば私が一番癒されているのかも…

悲しいときや、寂しいときには

なぜだかずーっとそばで寄り添い

離れずにくっついていてくれるし、

機嫌が悪いときには

遠くからそっと見ていてくれるし、

もやもやしているときは

ずーっと愚痴を聞いていてくれます。

もしかして…

家族のことを一番わかっているのは

ムクかもしれません。

上の娘も就職し、今年から家を離れ、

私も単身赴任中。

下の娘と母の間にムクがいて

仲を繋いでいてくれます。

ムクもアロマの香りが大好き!

アロママッサージのあとの

香りがついたカーペットに

身体をゴロゴロこすりつけたり、

部屋にたくと、気持ちよさそうな顔をします。

時々香りのついた手でマッサージしてあげると、

お腹を見せ、全身の力が抜けたようにのびてしまいます。

ムクのストレスは、もしかしてこれで解消されているのかなぁ…

元気に長生きしてほしいと思うのは、
命あるもの、動物も人間も一緒です!

家族の心と身体の健康を支えてくれているムク。

ありがとう!

そして…これからもよろしくね!

image

Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。