汗かきな人も、汗をかかない人も、原因は自律神経だった。

シェアする

海
高温多湿のこの季節、べたべた汗臭い気になりませんか?

私のクローゼット、春夏物はほとんどが白か黒…

グレーやパステルカラーも好きなのですが、絶対に選びません。

デザインや素材も大事ですが、何より汗ジミが気にならないもの、目立たないものが第一条件!悲しすぎる…

嫌~な”汗”ですが、大切な役割をしています。

汗は毛穴からだけではなく、”エクリン腺””アポクリン腺”いう、役割の違う2種類の汗腺から出てきます。

エクリン腺は頭や顔、背中、手や足など、全身を覆い、ほとんどの汗はここから出ています。

成分は99%以上が水、残りは塩分、乳酸、蛋白質などで、酸性です。

ほぼ無臭ですが、不潔にしていたり、汗が酸化したりして菌が繁殖し、臭いの原因になります。

暑さや運動などで体温が上昇すると、大脳視床下部にある体温調節中枢が自律神経を介して汗腺に指令をだし、汗を出すことで、体温調節をしています。

一方のアポクリン腺は、思春期になると分泌が始まり、体温とは関係なく働きます。

脇の下や耳の後ろ、陰部など特定部位に分布し全身にはありません。

成分は、水分は少なく、脂肪や尿素、アンモニアなどで、粘り気があり、アルカリ性。

臭いの原因ともいわれる汗で、ここから出る汗が皮膚表面の細菌により分解され、臭いが発生します。

そもそもアポクリン腺は臭いを作る役割があり”個人の識別”や”フェロモン”という意味合いがあるそうです。

自分と異なる臭いの人に魅力を感じる本能があるとも言われているそうですよ。

アロマで楽しむ消臭スプレー

*精製水25ml

*無水エタノール5ml

*ゼラニウム 6滴

*ティートリー 4滴

*タイム 2滴

スプレー容器に入れ、良く振って汗の気になるところにスプレーしてください✨

発汗を促しているのは、身体の機能を自動的にコントロールしている自律神経

発汗に関係しているのは”交感神経”で、活動している時や緊張している時、ストレスを感じている時などに作用します。

もちろん汗の分泌だけでなく、心臓の鼓動を早くしたり、血管の収縮、血圧の上昇など、各器官の働きにも関係します。

汗には、体温調節のため生理現象としておきる”温熱性発汗”と、

精神的な緊張や興奮により交感神経が刺激されることで出てくる脂汗”精神性発汗”

また、酸や辛味など刺激の強いものを食べたときに一気に噴き出す汗”味覚性発汗”があります。

精神性発汗の場合、気持ちが落ちつくと汗もスーッと引いてきます。

これは、リラックスしているときに働くもう一つの自律神経”副交感神経”が働き、交感神経とのバランスをとっているからなのです。

汗を気にしすぎて神経質になってしまうと、緊張状態が続き交感神経を刺激し続けるため、汗がなかなか止まらないことにもなってしまうのです。

ほかにも、ストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れ、食べ物、気圧なども自律神経を乱す原因になりますので、やっぱり生活習慣って大事ですよね。

最近では、上手に汗をかけない人もいるようです。

冷房に頼りきった生活で外気との温度差が激しく、自律神経が乱れ、体温調節機能が低下したり、運動不足などで汗腺を使わないでいると、汗腺が退化してしまいます。

汗をかかないと…

体温上昇がおさえられず、身体に熱がこもり熱中症にもなりやすくなります。

また、体内に水分が蓄積され、代謝不良、冷え、肥満、免疫低下の原因にもなってしまうのです。

良い汗をかくために…

ウォーキングなどの有酸素運動や、半身浴など体の中から温めるのもおすすめです!

また、生姜や大豆、ブロッコリーなど体を温める食材をとるのも効果的です。

生活習慣を見直し、自律神経のバランスを整え、気持ちのいい汗をかきましょう!

Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。

コメントの入力は終了しました。