耳鳴りと頭痛と手のしびれ…そんな時何科を受診しますか?

シェアする

 病院
先日親友の旦那様がご来店

来店のきっかけとなったのは、先月家族同士、みんなで一緒に夕ご飯を食べに行ったとき、なんだかあやしい様子だったのです。

携帯電話の音が異常に大きく、ビックリして聞いてみると…

実はずっと耳鳴りがしていて、耳鼻科に行ってみたけど「耳の中きれいですね」って異常なしの診断を受けていたそうです。

それだけではなく「左手がしびれるんだよね~」だから整体にも行ってみたけど、変化なしとの事!

「なんだろうね?」って不安な様子。。。

そのうえ、疲れがとれない、軽い頭痛などいろいろな症状が出ちゃっているのに、次の日からは台湾に出張とか、大忙しなのです。

「やっぱり病院に行った方がいいのかなー。でもこれって何科に行けばいいの?とりあえず、耳鼻科と整体に行ったから、脳神経とかかなぁ…」と。

最近独立し、起業したばかりで頑張っていたので、もしかしてストレスサインかも!

そう感じた私は、自分の勤める自然療法のサロンをオススメしたのです。

もともと自然療法のことは理解してくれていたので、時間をさき、体調絶不調のなか、来店してくれました。

来店したらまず、カウンセリングシートに細かい症状や日頃の食事、睡眠時間、嗜好品、運動、常用している薬やサプリメントなどを記入してもらいました。

そして院長によるカウンセリング

カラダの中でおこっていることをよみとります。

その人をとりまく環境、精神的ダメージ、考え方、性質、体質など、

症状をおこしている部分だけにとらわれず、カラダ全体を多角的にトータルに診ていきます。

その後、いよいよ施術

今回は症状も重く、カウンセリング時点で”自律神経失調症”との診断だったため、院長のみが行うインテグラシーコースになりました。

「何されるの?痛い?!」と不安気でしたが…

60分の施術終了。

着替えてお部屋から出てきたときにはボーーーッとした感じでしたが「肩回りが軽くなったぁ」と言っていました。

一番の原因は、「楽しい」と言っていた仕事のしすぎ!!

ガラリと変わった環境の変化に加え、自分の限界(時間・体力・年齢など)をこえ、とばし過ぎてしまったようです。

仕事に打ち込みだすと、休みの日でも結局休まず、少々の休息不足や体調不良も平気になってしまいます。

しかし、体内では、緊急事態!

ストレスがかかると、それに耐えようと自律神経は頑張ります。

しかし、その状態が習慣化してしまうと、過緊張がつづき、交感神経がアップアップ!

それに加え、パソコンに向かう時間が長く、首を前に出し、腰をねかせ、背中が丸まった姿勢も悪影響。

首がブロックされ、血管拡張物質がでなくなっている状態だようです。

施術でこのブロックをはずしました。

また、肩回りから背中までガチガチだったようです。

このまま無理をし続けていたら…

副腎が刺激され続け、アドレナリンなどの攻撃ホルモンが増加し、慢性過労症候群になっていたかもしれません。

そこまでいってしまうと、やる気が出なくなり、疲労感も回復せず、仕事もできなくなってしまいます。

疲れると、栄養ドリンクでごまかしていたようなのですが、もっと興奮状態になってしまうため、回復に時間がかかり、逆効果です。

今の状態では、頭の血行を良くし、機能を活性化するギンコと、

ストレスにより、ビタミンBがかなり消費されている為、ビタミンB群がたくさん含まれているサプリメントをオススメ!

気を付けることは…

パソコンを置く位置と姿勢(骨盤を立てるように座ります)。

また、休みの日にはきちんと休むことをアドバイスされていました。

自分の夢を叶えるために、家族の為に、まだまだ頑張らないとですよね!

でも、先は長~いのです!

ストレスを原因とするカラダの不調はとても厄介です。

気づかず、頑張りすぎている人、たくさんいるのではないでしょうか。

ちょっと生活習慣を見直してみるのも良いですよね。

そして、カラダが示す、小さなサインを見逃さず、

心とカラダのダメージは早めにとりのぞきましょう。

定期的な身体のメンテナンスおすすめです!

Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。