幸せ脳は自分で作る。笑顔いっぱいの毎日に感謝!

シェアする

しあわせ

朝の出勤時、満員電車の中での出来事です。

赤ちゃんを抱っこして、ベビーカーを押しながら乗車してきた若い女性に、中年のサラリーマンが席を譲っていました。

それはたまに見かける事ですが、女性がお礼を言って降りようとした時、そのサラリーマンが「良い一日をお過ごしください」と一言声をかけたのです。

その女性も、それを見ていた私や周りの人も、笑顔になり、とってもほっこりした気持ちになりました。

最近の私は、仕事で新しいことを勉強させてもらってるのですが、それとともに、今の環境や、人の気持ち、自分の気持ちや進んでいる道に変化を感じ、分かってはいるつもりですが、逃げ出そうとしたり、悩んだり、実はずっとモヤモヤが取れず、ため息ばかりだったのです。

「幸せ」になるために頑張っているはずなのに。。。

そんな時、勤務先の院長が自分で「幸せ脳を作る方法」を教えてくれました。
*悪口を言わない

言葉は思った以上に脳とカラダに大きな影響を与えているそうです。

例えば脳は主語を理解できないという性質があり、自分が発した言葉全てを自分の事としてとらえてしまうのです。

だから、人の悪口を言うと脳の中では自分が悪口を言われた時と同じ状態になり、自分も傷つき、気分まで悪くなってしまうのです。

いつも人の悪口を言っている人は、なぜか自己嫌悪に陥り、さらに人に攻撃的になっていきます。

自分で自分を攻撃し続けているので、どんどん不幸になり、そればかりでなく健康にも悪影響を及ぼすそうです。

*相手をほめる

反対に相手をほめれば、自分が褒められたのと同じ状態になります。

そうなると、気分が良くなり、自己重要感が高まりますよね。

幸せな気分というのは、科学的に言えば脳内に快楽物質”セロトニン”がうまく分泌されているかどうかで決まります。

セロトニンとは、精神の安定や安らぎをもたらしてくれる物質で、不足してしまうとイライラしやすくなったり、気持ちが晴れずに、不眠などの症状が出てきてしまいます。

*セロトニンを増やす食材を食べる

普段から、納豆・豆腐・大豆・味噌・牛乳・ヨーグルト・チーズ・アーモンド・卵・ごまなど、セレトニンを多く含む食材をとりましょう。

また、バナナはセロトニンの原料となるトリプトファンや、体内でセロトニンを合成するために必要なビタミンB6、セロトニンを活性化する炭水化物も豊富なのでおすすめです。

*よく噛んで食べる

よく噛んで食べることを心がけると、セロトニンが活性してくれるそうです。

また、栄養の効果的な摂取や消化を助けたり、あごの筋肉の維持などにもつながり、一石三鳥になります。

*朝日を浴びる(早寝早起き)

セロトニンは太陽の出ている時に分泌されやすくなり、睡眠中や日が沈んでからは、分泌が少なくなるという特性を持っています。

さらに、自律神経も活動モードに切り替えてくれます。

それだけでなく、セロトニンから睡眠ホルモンのメラトニンというホルモンがつくられるため、セロトニンが増えると睡眠の質も高まるそうです。

早寝早起きはセロトニンの活性化にとっても大切です。

*マッサージでリラックス

研究によると、マッサージを受けた後は、脳内のセロトニンレベルがアップすることが証明されています。

また、自律神経の緊張がとれ、免疫力がアップしたり、認知症の予防にもつながります。

一緒にベルガモットやラベンダー、カモミールなどのアロマオイルを使うと、効果が2倍、3倍になります。

*首のストレッチをする

セロトニンは延髄の「縫線核」というところで作られます。

そこを、首のストレッチやマッサージで刺激すると、大量の電気信号が発生し、セロトニンの分泌をうながしてくれます。

ここでもアロマオイルを使うとさらに効果的です。

首には神経や血管が集中しているので、強いストレッチは避けて、軽くじわじわ、ゆっくりするのがポイントです!

*友達や家族と会話し、よく笑う

気分が落ち込んでいる時に、愛する家族や友達がそばにいてくれるだけでホッとしますよね。

Happyになるには、誰かに受け入れられている、認められている、気にかけられている、理解されている、愛されている、と感じることがすごく大切です。

声を聞いたり、一緒に美味しいものを食べたり…笑顔いっぱいになる楽しい時間を過ごしてください。

*深呼吸をする

腹式呼吸で深呼吸をしましょう。これだけでも幸せホルモンが出てきます。

忙しすぎたり、うまくいかなかったり、思い通りにならなかったり…

自分で幸せを感じられなくしてしまっていたのかもしれません。

たくさんの人に支えられていることに感謝して、いつも幸せを感じられる、ステキな人になりたいな。。。

Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。

コメントの入力は終了しました。