自律神経を乱す季節の変わり目。体調不良の原因はコレだった

シェアする

%e3%81%a8%e3%82%93%e3%81%bc

最近身体がむくんでだる~い日が続いている私。。。

お客様の中でも、疲れやすい、眠れない、やる気がない、物忘れ、集中力がない、腰痛や肩こり、頭痛、めまいなど…

病気とは言いきれないカラダの不調を訴える方が多くいらっしゃいます。

天気や気圧が不安定だったり、気温の変化や季節の変わり目、自律神経の乱れが大きな原因の一つになっています。

お天気と自律神経は、とっても深い関係があるのです。

雨の日は気だるいとか、テンションが上がらず気力も体力もトーンダウンする人が多いのは、気圧の変化に自律神経が影響を受けるからです。

低気圧が張り出してくると、くもりや雨になりますが、低気圧は酸素の量が少なくなるため、体内に入る酸素の量も減ってしまいます。

すると、自律神経の休息をつかさどる副交感神経が優位になりリラックスします。

リラックスは大事なのですが、過剰になりすぎると、全身気だるくなったり、頭痛がおきたり、やる気も出なくなったりします。

これにより副交感神経がコントロールするリンパ球も増えます。

リンパ球が過剰になると、治癒反応として、痛み、腫れ、発熱、咳、下痢、吐き気、落ち込み、アレルギーやアトピー、耳鳴りやめまいが起こりやすくなるのです。

神経痛などは、気圧の低くなった時に副交感神経の反射として起こります。
普段交感神経が緊張している人は、気圧が低いことで一気に副交感神経が優位になり、それを回復させようとするのです。

そのため、いつも交感神経が緊張していればしているほど、それを回復させるための反応が大きく出てしまいます。

その過剰反応によって、血流の循環が一気に押しよせ、頭痛や、神経痛が起きるのです。

一方、お天気のいい日は、高気圧で酸素の量が多くなるため、体内に酸素をたっぷり取り入れることができ、交感神経が刺激され、呼吸数と脈拍数が上昇し、活動的になりやる気もでてきます。

しかし、これも揺れ幅が大きいと粘膜の破壊などが起こり、胃潰瘍や盲腸炎、高血圧が起きやすくなってしまうのです。

また、ちょうど今の時期、季節の変わり目も自律神経に大きな影響を与えるのです。

本来人間の体は、気圧や気温の変化に上手に対応しながら生きてきました。

体の中でも自律神経が変動して、自動的に季節の変化や天気の変化に順応するように働いてくれます。

一日の変化でいえば、働いている昼間は交感神経が優位に、休息する夜は副交感神経が優位に働きます。

この日内リズムのおかげで、朝になると目覚め、夜になると自然に眠くなるのです。

副交感神経優位が原因で起こるアレルギーやぜんそくの発作が夜中や明け方に多いのも、この日内リズムの影響です。

そして、四季に対応するのが自律神経の年内リズムではリラックスする副交感神経が優位になり、は寒さに備えるために交感神経が優位になるのです。

また、夏と冬の間、つまり春と秋は、自律神経が切り替わる時期なので、ストレスがかかったときと同じように自律神経の揺さぶりが起きてしまいます。

その揺さぶりは、健康な人ほど少なく、病気やストレスなどで体が弱っている人や、自律神経のバランスを崩している人ほど大きいのです。

春と秋は日によって、あるいは一日の中でも気圧の変化が激しい時期です。

それにより、気分も変わりやすくなってしまうのです。

女ごころと秋の空。なんていいますよね…

このように気候のいい春や秋に体調を崩しやすい人は、自律神経のバランスが悪いと考えられるでしょう。

もちろん、自律神経に影響を与えるものは、他にも人生の節目や、冷え、薬などたくさんあります。

揺さぶりが大きくならないように、日頃から、頑張りすぎたり、食べ過ぎたり、運動のしすぎや過度のストレス、姿勢や呼吸など意識してみるのも良いですよね!

このお仕事をしているとあらためて思うのです。

人間の身体ってすごいなーって…

今日も頑張った自分をいたわってあげてくださいね!

Kazuko Ishikawa
OLから大手エステティックサロン勤務後、実家の化粧品店に専務で就任。

肌と心と身体のつながりを知り、自然療法を学ぶ。

併設サロン peacefull をオープン。

さらにトータルで美容と健康のご提案ができるお店へと展開。

現在は、長年の経験を活かし、コンシェルジュとして自然療法のサロンで働き、多くの人に本質的な「美容」と「健康」を伝える為に奮闘中。